« 2013年8月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年9月

2013年9月28日 (土)

店じまい(閉店)・・・

Cimg1064
今月いっぱいで近くの本屋「ブックオフ」○○店が閉店する・・・・
買ったり売ったりと結構重宝に通わせてもらった店ですが店じまいとは寂しい

70パーセント引きと聞けば行かなきゃ・・・
まあ、凄い人でした!!
チョットのすき間に割り込んで本を探す人に 足もとに置いたカゴへあふれんばかりに入れている人、2台のレジに並ぶ人人・・・

30パーセント引き、50パーセント引きの段階でかなり本が減り70パーセントになればほとんど売れ残り状態(笑)
そのなかで、読んでみたいと選んで買ってきたのがこの18冊
ちゃんと見て選んだつもりだったのに・・・・
家に帰って落ち着いて見てみたら、右の佐藤愛子さんの「血脈」2冊(中と下)だった っと いう事は(上)があるっと言う事で
今、図書館で(上)を借りて来て読み出したとこ┐(´д`)┌   
家族には私らしいミスだと笑われた
異母兄サトウハチロウ、父の佐藤紅緑を中心にした一族の話 まだ掴み切れてませんので分かりませんが どうもハチャメチャな一族の様な感じ(*≧m≦*)

これでしばらく楽しめますが最近目が疲れ本から遠ざかり気味・・・・読書の秋ボツボツと読みます

2013年9月20日 (金)

秋のお約束・・・

日中はまだまだ暑いですが、朝晩はめっきり涼しくなりました\(;゚∇゚)/

中秋の名月、一昨日昨日
今日と、お天気に恵まれほんとに綺麗な満月を見る事が出来、いつまでも眺めていたいお月さまでしたね
涼しくなり、秋を感じた途端に栗が出回り、さんまをスーパーで見かけ 今日からお彼岸

栗・・・・
出回り出した直ぐにはなかなか買う事がない
私が買い求める時はお値打ち商品のチラシが入った時とか、半値シールのはられた夕方時(笑)

それが、今年はラッキーな事にある方から1キロ入りを頂いた、有難いことです
やはり、年に1度は旬のもの「栗の渋皮煮」コレを作らなきゃ

立派な大粒の栗でした・・・ 1K入り数えたら77個、皮を剥くのいに1個1分\(;゚∇゚)/

イヤになったら他の事をやり、疲れたら休憩をし、午前中に皮むき終了
この行程が終われば、後は簡単なもの(笑)

Cimg1053
Cimg1054
Cimg1055
Cimg1058

重層を入れ、アクを取りながら煮、流水で洗うを3回繰り返し出来上がった「栗の渋皮煮」がこれ
砂糖(きび砂糖)を少なめにしたので甘くない口当たりのいい「渋皮煮が出来ました

やはり新鮮なのでしょうね!・・
この頂いた栗、いつものお値打ちに買って来て作るのとは雲泥の差
つくづく実感しました やはり 値は値 だなぁと (ノ∀`)・゚・。

2013年9月15日 (日)

お庭始めました!・・・

インターポット
エリザベスさんの庭を見に行く    

インターポット、途中で止めざるをえませんでしたが また、新たにお庭始めました!
 
ちょっと、戸惑い気味ですが、気分も新たに頑張りますのでキラリ~☆宜しくお願いします
 
初めての収穫は4個でした ヘ(゚∀゚ヘ)
 
 

五行歌・・・プレゼント

Cimg1044


                 60歳になった途端
老人会費集金に

                 ・・・・のにと腹立しそうだった、10年前!

                 「敬老の日」70歳以上にはプレゼントが

                 慣れたのか認めたのか

                 冷静な連れ合い

2013年9月 9日 (月)

蕎麦と梅焼酎・・・

Photo
1
昨日(日曜日)は小雨の降る1日でわりに涼しい日でした・・・
こんな日は蕎麦を食べる人が極端に少なくなるもので 打った蕎麦がかなり余ったらしい

食事も終えお風呂にでもっと思った矢先蕎麦屋の女将さんから
「お蕎麦余ったけどとりにくる?・・」っと電話 早速5人分つゆ付きで頂いて来ました
久し振りの十割手打ち蕎麦、ザルとかけの2種類作りましたが この味 あー、やっぱり美味しい
3人で4人分の蕎麦を頂き
余った蕎麦は生のまま冷凍保存にし、鍋の材料のダンゴにして食べます
コレがまた美味しいのですよね


我が家の電話、かかって来た相手の名まえを音声で読み上げ教えてくれる・・・
朝、リリリ~ン「○○停さんです」と聞くと何の呼び出しかと、出る前からドキッとしますが
こんな電話なら何時でも大歓迎
辞めた後も、何かと気にかけて頂き有難い事ですr(^ω^*)))

Photo_2

この梅焼酎8年もの・・・
お酒は好きでも焼酎は苦手
梅焼酎ならいいかと作ってみたものの、甘過ぎてやっぱりいけなかった(ノ_≦。)

少し呑んだきり、台所床収納庫の奥の方へ片ずけたまま、いつも気にはなっていたのですが8年の月日が流れ 結果的には眠らせていた様なもの・・・

カビでも来ていたら捨てようと思い出してはみたら ウンッ(・_・)....? 綺麗な色をしているではないですか・・・
1口呑んでみたら、これが「上手い」 まろやかになってコクが深い 記憶にある梅焼酎の味とは全然違う 
梅は食べていないけど、多分大丈夫だろうなぁっと思う こんなに美味しく呑めるんだもの(笑)

埃をかぶって眠っていた梅焼酎、いきなり表に引っ張り出され綺麗にされ写真まで撮られビックリしただろうなぁ
1週間程前に写したのですが、ここで紹介させてもらいました(v^ー゜)

 

« 2013年8月 | トップページ | 2013年11月 »

無料ブログはココログ