« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月23日 (土)

人生の黄昏・・・

今朝モーニングに出かけた時の話・・・
週2回出かけるいつもの喫茶店ではデザートで小鉢に果物ゼリーがサービスについて来るのですが
そのデザートをどう言う訳かいつもと違う順番で先に食べたてしまった
その事を忘れてしまい 本を読んでくたびれたところで さて食べようかとその小鉢に目をやると
・・・・アレッまあ~店の人 空の小鉢をトレーに乗せて!! っと食べた事を忘れ一瞬そう思ってしまった
何故か、今日はツルンッとはがれ洗ったばかりの小鉢の様に見えた訳ですが
いくら一瞬にしても ついッさっき食べた事を忘れたと言う事実に愕然とした(ノд・。)

先日もホームセンターに買い物に出かけた時
数年前 亡き母の為に探したシルバーカーを 何気に自分が将来使うであろう事を想定して見ていた事にも (lll゚Д゚)エッ....?

高齢者枠に入った団塊世代には違いないのですが
身だしなみに気をつけ 気を若く持つ 孫の居ない私 
人様にお婆ちゃんと呼ばれる風体ではないと思っているのですが・・・老いは確実

それにしても 以前ブログ記事にもした
夕飯食べようとして炊飯のスイッチ入れ忘れにw(゚o゚)w 慌ててご飯を買に走ったはいいが 入口で
・・・・さて何売り場へ? 
「・・・ねえ私 何を買に来たの?」と家族にメールで聞いた事
そして今回のたとえ一瞬でも アレッまあ・・・・っと思ってしまった事
まあ、人の名前が出てこないなんてのはザラですが
この二つは物忘れにも度が過ぎる様な気がして・・・私 ちょっと大丈夫かなぁ?」と 本気で心配になってしまいます(´・ω・`)

話は変わりますが ここの喫茶店4人掛けのテーブルを2個づつ置き 衝立で仕切ったチョットした個室の様になっているのですが 
その衝立の高さが その向こうに座った人の頭の上部がかすかに見える程度・・・
ある日、衝立の向こうから男性の素敵な声が聞こえて来て気になって仕方が無かったので
ちょっと背伸びしてチラッと覗いてみた 顔までは分らなくて髪がフサフサの若い男性の様だった
声には結構好き嫌いのある私 真っ黒フサフサの頭髪に  ドキッ
なっ、何と色気を感じてしまった(ノ∀`)・゚・。
大丈夫かしら なんて思いながらも 何この感情は
しかし、 いい物をいいなぁと思う若やいだ(素直)気持ちが有る事も嬉しいと思う

惚けと ときめき、中途半端な黄昏人生の真っただ中(笑)・・・

気持ちは若くても肉体は確実に衰え 2回の若い時代はあり得ぬもの 
与えられたさだめの中 自分の持ち場で 悔いの残らぬ様 残りの人生を面白可笑しく生きたいものです

 

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

無料ブログはココログ