« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月11日 (月)

パッチワーク・・・財布

Img_20180424_151238_2
手芸店でのパッチワーク教室の様子、皆それぞれの作品に挑戦していますが
私のは手前の財布、完成品をお手本にアップリケを終えたところでキルト芯を入れる前です。
下はほどく前の羽織                                                       完成した財布の閉じたところと広げたところ

 

 

Img_20180524_084541_4Img_20180524_083310_5

タンスに仕舞っぱなしになっている着物(羽織)で作ろうとほどいて持っていったら、先生に「着物地では弱すぎる為に直ぐ角が擦り切れてしまう」とダメ出しされてしまった(笑)。
柿渋って知ってますか?・・・
耐久性に優れることから柳行季や紙衣などの和紙製品または建材への塗布
、また火傷などの塗り薬 高血圧などにも服用されるものなのだそうです。
布を強度にする為に柿渋染めを施した布は確かに財布に適しているかもしれませんね・・・そんな事をパッチワーク教室で学ぶとは(^-^;)) 
先生が財布の為に染めた柿渋染の布30㎝を購入・・・皮財布のように長持ちするらしいです。

でも、折角ほどいたことだし・・・何より嫁入りに持ってきた着物で何か1つ作ってみたかったので教わった事を家で復習をかね別に1つ作ってみました
がっ・・・・
柔らかい財布では何とも頼りない事このうえないヽ(*≧ε≦*)φ
素人考えと言うか手っ取り早くなんて考えてはいけませんね
しかし、出来栄えは両方とも上々・・・「これ手作り・・・」と自慢して歩きたい程の出来栄えになりました。
小物なので前回の炬燵カバーの様に疲れる事は無かったので、もう少し通ってみる事にします、なんてたって完成した時の悦びは何物にも変えられない悦びです
今度は本当のパッチワーク 小布をはぎ合わせて作るつぎはぎ細工で手提げバッグに挑戦・・・実はもう取り掛かっています(◎´∀`)ノ。

2018年6月 2日 (土)

五行歌・・・冷麦

Img_20180601_192256


                                梅雨入り前の今日

 

 

 

                             炬燵を片づけたら

 

 

 

                            体が

 

 

 

                            冷麦を欲した

 

 

 

                                                            この変わりよう

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

無料ブログはココログ